前歯の隙間を埋める治療 その2(ダイレクトボンディング)|船橋駅3分の歯医者|川手歯科医院

JR船橋駅3分

船橋歯科医師会加盟

キッズコーナー

歯周病認定医

お問い合わせ・ご相談

047-422-2878

千葉県船橋市本町1-26-19船橋駅シャポー口3分

前歯の隙間を埋める治療 その2(ダイレクトボンディング)

レジン充填(別名:ダイレクトボンディング)で前歯の隙間を埋めた治療方法のご説明をいたします。

前歯の隙間が気になるために当院へ受診された患者さまです。

今回、隙間を埋めるには矯正治療も適応になりますが、ご相談の上、上記の治療ですと1回で隙間を埋める事が可能なことからダイレクトボンディングで治療を行いました。

当院では治療前にどのような治療かメリット・デメリット等も含め治療内容をご説明してから行なっています。

*ホームページの掲載に関して患者さまから写真の使用許可を得ています*

 

咬んだ時に隙間ははわかりにくいのですが、口を開いたりお話しする時などに隙間が気になっているとのことでした。

歯垢(プラーク)が歯に付いていると材料が接着しないために、染め出し液を用いて歯垢が無いかチェックします。

赤く染まった部分には歯垢が付いているので、まずエアフロー(高圧の風と水で粉を吹きかけて汚れを落とす特殊な機械)などを用いて歯の周りを綺麗にします。

今回は元々古いプラスチックの詰め物があったために全て除去しました。

歯も歯茎も綺麗な状態になった後にマイクロスコープ下レジンを用いて精密に歯を作ります

右側の画像がオレンジ色なのはマイクロスコープのライトに付いているオプション機能でオレンジフィルターと言います。

通常の光ですとレジンはすぐに固まってしまうのですが、フィルターをかけて光の波長を変えることですぐに固まらないようにします。

これにより時間をかけ理想的な歯の形を作ることが可能です。

歯のグラデーションを再現するために先端は透明系、中間はグレー系と色の遮光性の高い物、根元は黄色系のレジンを何色も使用しました。

1色で詰めてしまうと光の屈折の関係で暗く不自然に見えてしまいますし、歯のグラデーションの再現は難しためにレジンを複数色使用しています。

レジンを充填した後はピカピカに研磨し歯と同じに見えるようにします。

 

治療後、鏡をご覧いただくと自然に笑みが溢れとても喜んで頂けました

 

費用:25,000円

治療回数:1回

リスク:転倒や外傷によって欠けることもあります。治療前に十分な検査・診断が必要になります。

 

前歯の隙間を治療する方法はダイレクトボンディング以外に矯正治療、ポーセレンラミネートベニアなど様々な治療方法があります。

前歯の隙間が気になる場合はお気軽にお問い合わせください。

 

川手歯科医院

院長 川手良祐

トップへ戻る