つめ物・被せ物(審美歯科)|船橋駅3分の歯医者|川手歯科医院

JR船橋駅3分

船橋歯科医師会加盟

キッズコーナー

歯周病認定医

お問い合わせ・ご相談

047-422-2878

千葉県船橋市本町1-26-19船橋駅シャポー口3分

つめ物・被せ物(審美歯科)

【川手歯科医院式】精密審美歯科治療

精密審美歯科

当院では、以下に挙げるようなお悩みをお持ちの方に、審美歯科治療をおすすめしております。

こういったお悩みは、大掛かりな矯正治療などを行わずとも、審美歯科治療で改善することが可能です。特に、歯や歯列の見た目を良くしたい人にとっては、当院の精密審美歯科治療が最適といえます。審美性、親和性、低価格を兼ね備えた当院の審美歯科治療についてご紹介します。

詰める量を最小限にできる「レジン充填」

レジン充填

審美性を考慮するのであれば、歯科用材料の使用量は最小限に抑えるに越したことはありません。ですから、被せ物よりも詰め物の方が目立ちにくく、審美性も損なわれません。さらにレジン充填であれば、材料を詰める量を最小限に抑えることができるため、非常におすすめな治療法といえます。しかも、レジン充填であれば1回の来院で処置が完了しますし、歯質の削除量も少なくて済みます。

マイクロスコープを用いた精密審美治療

マイクロスコープ

当院では、歯科用拡大鏡やマイクロスコープを活用した審美治療を実施しております。詰め物や被せ物といった補綴物を装着する際には、適切な形態に歯質を削る必要があります。その際、肉眼の数倍から数十倍に拡大できる器具を活用することで、精度の高い歯質の形成が可能となります。その結果、製作した補綴物がぴったりとはまるようになり、適合性と審美性が向上するだけでなく、補綴物を長持ちさせることも可能となります。

審美歯科治療の基準としている9つの項目

当院では、以下に挙げる9つの項目を基準として、クオリティの高い審美歯科治療を安定的に提供しております。

歯の形態

歯の形態

歯列全体と調和するような歯の形態を意識して、補綴物を作ります。

正中ラインに合致させる

正中の合致

治療後は、上下の歯列のバランスが顔の正中ラインと合致するように施術します。

スマイルラインを意識した治療

スマイルライン

前歯には、笑顔になった際に自然と現れるスマイルラインというカーブがあり、これを意識した治療を施します。

天然の歯の特徴に合わせる

歯の特徴

天然の歯には独特な特徴があり、補綴物もそれに近い造形を与えます。

性別の違いを意識する

性別

男性と女性では、異なる歯の特徴があり、それぞれに合った補綴物を作製します。

肌の色に合わせる

肌の色

補綴物は、口腔組織のみならず、肌の色とも調和するよう工夫します。

年齢に応じた歯の色、形

年齢

歯は年齢によって色や形に違いがあり、年代に応じた特徴づけが必要になります。

患者さまに最適な素材を厳選

素材

患者さま一人一人に最適といえる素材を厳選いたします。

全体バランスを考えた審美治療

バランス

口腔組織や顔貌など、全体的なバランスを考えた審美治療を実施いたします。

技術力の高い歯科技工士との連携

熟練歯科技工士

当院では、補綴物の製作に熟練した歯科技工士と連携して審美歯科治療を実施しております。審美歯科治療は、補綴物の細部にまでこだわる治療だけに、高度な技工操作が必要となるため、優秀な歯科技工士の力が不可欠です。そんな高い要求にも応えることができる歯科技工士と提携しております。

歯科技工士

歯科技工士が現場に赴き、補綴物の精度や審美性を確認します。

コンマ1mmの世界で調整

わずかな色のグラデーションを見極め、0.1mm単位の調整にも応じます。

一つ一つ手作業

職人的な技術で精度の高い補綴物を製作します。

患者さまの個性に合わせた素材選び

体質や噛み合わせも考慮審美歯科治療に用いる歯科材料は、実に種類が豊富です。それぞれで特性も異なり、患者さまの個性に合わせてカスタマイズすることができます。

金属アレルギーの有無や、かみ合わせの状態、審美性に対する要求度の高さなどを踏まえながら、患者さまにとってベストと呼べる素材を提案させて頂きます。

ご予算に合せた素材選び

当院では、保険、自費に関係なく、患者さまのご予算に合せた素材選びをさせて頂いております。ですから、保険診療においても、審美的な処置を施させて頂きますので、遠慮なくお申し付けください。それぞれのご予算内で対応できる、最大限の審美歯科治療を提供いたします。

機能性を高めるための6つの取り組み

機能性の向上審美歯科治療では、当然のことながら補綴物を美しく製作し、お口やお顔全体の印象が良くなるような処置を施します。同時に、機能性も重視しているのが当院の特徴です。なぜなら、天然の歯にしろ、人工の歯にしろ「ものを噛む」という機能を果たさなければ、単なるハリボテになってしまうからです。機能的に噛めることで、食物を効率的に咀嚼し、体への栄養が正常に行き渡るようになります。そうした重要な機能を担っている歯だからこそ、以下の挙げる6つの取り組みによって機能性を向上しております。

初期治療にマイクロスコープ

初期治療の徹底

補綴物を製作する前段階として、虫歯や歯周病などの初期治療をマイクロスコープを用いて行い、精密治療を実施します。

0.1mm単位の精緻な咬合調整

認定医の噛み合わせ調整

かみ合わせの良し悪しは補綴物の命ともいえますので、0.1mm単位までこだわって調整します。

シリコン印象材で型取り

型取りでのシリコン使用

型取りには精度の高いシリコン印象材を使用します。

ワックスアップ

ワックスアップ

ワックスアップすることでシミュレーションイメージを作製し、補綴物の精度を上げます。

精度の高い仮歯

仮歯の精度

仮歯の精度にもこだわり、出来る限り天然の歯に近づけます。

歯肉圧排(しにくあっぱい)

歯肉圧排(しにくあっぱい)

支台歯に処置を施す際には、歯肉を押し下げ、型取りなどの精度を向上させます。

川手歯科医院で実際に行った前歯の審美歯科(被せ物症例)

審美歯科

このような術前(治療前)と術後(治療後)の比較した写真は色々な歯科医院のホームページで見ることと思います。上記の患者さまは全体に色を白くして前歯に綺麗な歯が入り、とても喜んで頂いております。

治療前から治療後になるにはどのような治療が必要かご存知でしょうか?

川手歯科医院ではどのように審美治療を行っているかご説明致します。

ホームページの掲載に関しては患者さまから写真の使用許可を得ています。

審美歯科

「前歯が欠けた」を主訴に来院されました。当日はコンポジットレジンというプラスチックで応急処置を行いました。10年前に転倒し前歯をぶつけてコンポジットレジンでずっと応急処置をしていたようです。

色が暗く、見た目に違和感を感じていたようで、オールセラミックスクラウンで綺麗に治療することにしました。幸い、神経は生きていたので神経は抜かずに治療をします。

審美歯科

全体に歯の色を白くしたいとのご希望もあり、ホワイトニングを行いました。前歯の2本は詰め物なので色が変わりませんが、他の歯はかなり白くなりました。

被せ物の治療とホワイトニングを行う場合は先にホワイトニングを行い、白くなったご自分の歯の色に合わせて被せ物の色を決めます。後からホワイトニングをすると周りの歯の色と合わなくなってしまうためです。

審美歯科

前歯を削る時にもマイクロスコープを用いて拡大して削ることで綺麗に削ることができます。綺麗に歯を削ると綺麗に歯型取れ、綺麗な技工物(オールセラミックスクラウン)を作ることができ、良好な適合を得られます。それにより、虫歯の再発や被せ物が外れたりしにくくなり、長持ちします

仮歯も見た目や機能で良好な状態を目指して作ります。

審美歯科

仮歯は診断用ワックスアップ(ワックスを用いて最終的な歯を模型上でイメージすること)を元に作ります。

審美治療において仮歯は非常に重要です!

など仮歯では多くのことを確認します。仮歯を使い、歯の大きさなど様々な点で良好か確認して頂くわけです。

一番大事なのは患者さまのお考えです。気になる部分があれば0.5mm大きさを修正したり、歯の傾きを僅かに変えたりします。被せ物には適切な厚みが求められるため、歯を削る量も計測して確認します。

審美歯科

仮歯が良好であれば、歯型をとっていよいよ歯を作ります。歯型を取るときの精度も非常に重要です。

歯と歯茎の境目を出すために歯肉圧排(歯と歯茎の間に細い専用の糸を入れます)を行い、患者さま専用のトレーを用いて精密な印象採得を行います。

フェイスボウという機器も使い、より精密に歯を作ります。

審美歯科

被せ物の歯の色を決めるために、歯を作る担当の歯科技工士さんに歯科医院まで立ち会いに来て頂いてます。乾燥すると歯の色が変わってしまうために来院直後に撮影します。人の歯の色はグラデーション(黄色やグレー系など様々)になっており、色が複雑です。歯を作る歯科技工士さんに直接目で見て頂くのが一番です。

一眼レフカメラを使用して写真でも色の記録をします。歯の色をデジタルで分析する機器も使用します。

審美歯科

綺麗な歯ができました。金属を一切使用していないので、体にも優しい材料です。歯の根元から先端にかけて僅かですが透明感が増しているのがお分かりでしょうか。元々の歯の色を綺麗に再現することができました。

口の中に装着して様々な点から評価を行い、良好であれば治療終了です。

審美歯科

治療前と治療後の2枚の写真の間には様々な事を行い、治療しています。患者さまは白く綺麗な歯にとても満足されています。

審美歯科治療の注意点・予想されるリスクについて

つめ物やかぶせ物の治療では、適材・適所の素材や治療法のご提案に努めております。しかし、経年劣化や咬み合わせの変化によって、装着後に変色・破損・脱離などの可能性がございます。また、かぶせ物は適合性を高めるため、歯質を多く削ることになります。治療を受ける際には、一つひとつの素材や治療法に伴うリスク等、丁寧にご説明致しますのでご安心ください。

審美歯科治療の治療費

▼詰め物・被せ物の費用です。※治療期間や回数は目安となります。

詰め物(目安治療期間:0.5~1ヶ月 治療回数:2~4回)

名称 イメージ 特性 料金(税別)
オールセラミックス オールセラミックス 全てセラミックの白い詰め物で、残っている歯と適合が良い材料です。金属を使わないので金属アレルギーの心配がありません。透明感のある健康的な白い歯の輝きで天然歯の美しさを保ちます。
美しさ:★★★★★
耐久性:★★★★
50,000円/インレー
60,000円/アンレー
Gold(金) Gold(金) 強度が強く、銀歯に比べ金属アレルギーの心配が少ないです。二次的な虫歯になるリスクも少なく、金属の劣化がありません。
美しさ:★★
耐久性:★★★★
60,000円/インレー
70,000円/アンレー
ハイブリッド ハイブリッド プラスチックの硬さとセラミックの美しさを合わせ持った白い詰め物です。金属を使わないので金属アレルギーの心配がありません。オールセラミックスに比べると多少すり減ります。
美しさ:★★★★
耐久性:★★★
40,000円/インレー
50,000円/アンレー

かぶせ物(目安治療期間:0.5~1.5ヶ月 治療回数:2~4回)

名称 イメージ 特性 料金(税別)
オールセラミックス (ジルコニア フレーム) オールセラミックス (ジルコニア フレーム) 耐久性や強度にとても優れ、最も歯に近い透明感があります。金属を使わないので金属が解け出して歯ぐきが変色したり、金属アレルギーの心配がありません。健康的な白い歯の輝きで天然歯の美しさを保ちます。
美しさ:★★★★★
耐久性:★★★★★
120,000円~
e.max e.max 全てセラミックスを使用した白い歯です。金属を使わないので金属アレルギーの心配がありません。
美しさ:★★★★
耐久性:★★★★
100,000円
PFM PFM 金属のフレームにセラミックを焼き付けているので、強度と耐久性に優れています。透明感は少ないですが白さ・美しさを表現しています。金属を使用しているので歯茎が黒くなることがあります。
美しさ:★★★★
耐久性:★★★
100,000円~
ジルコニア ジルコニ ジルコニアのみで作る歯です。色が限られていますが、奥歯であれば綺麗に見えますし、硬いので耐久性にも優れています。
美しさ:★★★
耐久性:★★★★
70,000円~
Gold(金) Gold(金) 強度が強く、銀歯に比べ金属アレルギーの心配が少ないです。歯になじみやすく、天然の歯に近い硬さなので、噛み合う歯も痛めません。
美しさ:★★
耐久性:★★★★
100,000円
ラミネートベニア ラミネートベニア 歯の表面を削り、そこにつけ爪のようにセラミック製の薄い人工歯を貼り付け、歯の形を変えます。
美しさ:★★★★★
耐久性:★★★
110,000円

特殊土台(コア)

名称 イメージ 特性 料金(税別)
ファイバー ファイバー 歯に似た弾性を持つため、根の割れも起こりにくく、現時点で最良と評価されています。金属の『土台』に比べファイバーを使用することにより根が折れてしまうのを防止します。オールセラミックスやハイブリッドセラミックスなど審美性の高いかぶせ物に有効です。
美しさ:★★★★★
耐久性:★★★★★
18,000円

船橋で審美性の高い補綴物をご希望なら船橋駅3分の川手歯科医院

審美性の高い補綴物

このように川手歯科医院では、審美性だけでなく機能性にも配慮した詰め物や被せ物をご提供しております。銀歯を白くしたい方や歯の形態を整えたいというご要望にもお応えできますので、まずはお気軽に船橋の川手歯科医院までご連絡ください。

トップへ戻る