歯肉炎・歯周炎|船橋駅3分の歯医者|川手歯科医院

新型コロナウィルス対策について

JR船橋駅3分

船橋歯科医師会加盟

キッズコーナー

歯周病認定医

お問い合わせ・ご相談

047-422-2878

千葉県船橋市本町1-26-19船橋駅シャポー口3分

歯肉炎・歯周炎

投稿日:2020年6月20日

カテゴリ:スタッフブログ


こんにちは!衛生士の川添です。

ようやく緊急事態宣言が解除され、徐々に日常が戻って来てますが、マスクは必須です。
ご来院の際、熱中症にはお気を付けて下さい。

 

 

今回は歯肉炎と歯周炎の違いについてです!

【歯肉炎】
歯の周囲にある歯ぐきだけが腫れている、比較的軽度な炎症。
この状態であれば、大抵の場合、原因となっているプラーク(歯垢)と歯石を除去し、丁寧にブラッシングをすれば治ります。
しかし、この歯肉炎を放置したままにすると症状が悪化してしまい、「歯周炎」に進行してしまいます。

 

【歯周炎】
歯肉炎が悪化し、歯を支える骨にまで影響が及んでいる、重度な炎症のことです。
この状態では、骨の一部が失われていることが多く元の状態に戻すことは難しくなります。
更に進行が進むと歯ぐきが腫れ、膿がでたり、歯がぐらついて抜けてしまいます。

 

花王 歯肉炎・歯周炎 歯の健康基本のき より引用

 


この様な事から、まずは歯肉炎の状態で気付く事が大切です!
しっかりと知識を身につけて正しい歯ブラシをし、健康な歯肉を維持しましょう!

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る