なんだか顎が痛い、、原因は食いしばりかも?|船橋駅3分の歯医者|川手歯科医院

新型コロナウィルス対策について

JR船橋駅3分

船橋歯科医師会加盟

キッズコーナー

歯周病認定医

お問い合わせ・ご相談

047-422-2878

千葉県船橋市本町1-26-19船橋駅シャポー口3分

なんだか顎が痛い、、原因は食いしばりかも?

投稿日:2022年4月27日

カテゴリ:スタッフブログ

 

こんにちは、歯科衛生士の関根です!

 

最近はすっかり暖かくなってきましたね!

私は昨日ヒートテックを卒業しました^_^

 

今回は食いしばり、歯ぎしりの事についてお話しします!

 

朝起きて顎が疲れていたり、痛いことはありませんか?

原因は就寝中の食いしばりや歯ぎしりかもしれません。

 

食いしばり、歯ぎしりの原因は?

・ストレス

ストレスを感じていると、就寝中の食いしばりでストレスを発散すると言われています。

 

・何かに集中する

食いしばることで、集中力を高めようとすることがあります。

 

他にも噛み合わせや歯並びなども原因に挙げられます。

 

 

また、日中も歯が噛み合っている状態の方は注意が必要です。

1日で歯が噛み合っている時間は15分が適切だと言われています。

日中歯が噛み合っている時間が長い方は、唇は閉じたままで、意識的に上の歯と下の歯を離すようにしましょう!

 

 

食いしばりが与える影響

・歯痛

歯に強い圧がかかることによって、むし歯や歯周病でなくても歯が痛くなることがあります。

 

・歯ぐきが下がる

こちらも強い圧がかかることで、歯ぐきが下がることがあります。

歯ぐきが下がってしまうと、歯の根っこの部分が出てきてしまい、知覚過敏を引き起こす可能性もあります。

また、日常的なケアがし辛くなり、歯周病やむし歯に繋がってしまうこともあります。

 

・咬耗

食いしばりや歯ぎしりで上の歯と下の歯がぶつかり合い、歯がすり減ってしまうことがあります。

これを咬耗と言います。

 

・顎関節症

食いしばりや歯ぎしりでは歯にかかる力が非常に強いため、顎関節にかかる負担が多く、顎関節症を引き起こすことがあります。

顎関節症になると、顎が痛くなったり、顎が疲れたり大きく口が開けられなくなったりします。

 

 

対処法

就寝中の食いしばりなどの対処法として、就寝中につけるマウスピースがあります。

マウスピースをつけることで、食いしばりや歯ぎしりによる負担を軽減します。

 

私も就寝中の歯ぎしりをしてしまうことがあるので、マウスピースを使用しています!

朝起きて顎が痛いことがよくありましたが、マウスピースを使用してから軽減されましたので、同じお悩みをお持ちの方はマウスピースの使用を検討してみて下さい。

マウスピースは保険適用で作ることができますので、気になる方はスタッフに相談してみてください!

 

トップへ戻る