歯間ブラシの歯磨き粉?!|船橋駅3分の歯医者|川手歯科医院

新型コロナウィルス対策について

JR船橋駅3分

船橋歯科医師会加盟

キッズコーナー

歯周病認定医

お問い合わせ・ご相談

047-422-2878

千葉県船橋市本町1-26-19船橋駅シャポー口3分

歯間ブラシの歯磨き粉?!

投稿日:2021年11月12日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは!歯科衛生士の川添です!

 

今回は歯間ジェルについてのお話です

歯磨きの時には歯磨き粉を使うと思いますが

歯間ブラシにも歯磨き粉があるのは知っていますか?

 

 

今回ご紹介する歯間ジェルの特徴

 

歯周病予防に3つの薬用の成分配合

 

IPMP(イソプロピルメチルフェノール)がプラーク(バイオフィルム)内部に浸透、殺菌します

 

CPC(塩化セチルピリジニウム)が浮遊性細菌を殺菌し、新たな菌の繁殖を防ぎます

 

・グリチルレチン酸が歯周病による死肉の出血、炎症を抑えます

 

バイオフィルム浸透性の比較

 

フッ素(モノフルオロリン酸ナトリウム)が根面虫歯の発生、進行を予防します

 

アル銀酸ナトリウムが唾液と反応して増粘、ゲル化し、薬用成分が長くとどまります

 

そもそもなぜ歯ブラシだけではいけないのか?

といいますと、どうしても歯ブラシでは磨きにくい箇所があり、リスクを伴います。

 

 

そこでリスク部位をフォローしてあげる必要があり、歯間ブラシやプラウト(タフトブラシ)の使用をオススメします!

リスク部位は歯ぐきに近い事が多く、歯間ジェルの様な薬用成分があり液体で入りやすく、ジェル化し停滞してくれるものがオススメです( ˆˆ  )

 

 

画像はLION公式ページ参照

トップへ戻る