デンタルフロスと歯間ブラシの違いは?|船橋駅3分の歯医者|川手歯科医院

新型コロナウィルス対策について

JR船橋駅3分

船橋歯科医師会加盟

キッズコーナー

歯周病認定医

お問い合わせ・ご相談

047-422-2878

千葉県船橋市本町1-26-19船橋駅シャポー口3分

デンタルフロスと歯間ブラシの違いは?

投稿日:2022年6月11日

カテゴリ:スタッフブログ

んにちは!歯科衛生士の川添です。

梅雨入りしましたが、私は新しく長靴を買ったので雨でも、長靴はける〜と喜んでいます!

 

 

本日はデンタルフロスと歯間ブラシの違いについてです\( ¨̮ )/

デンタルフロスと歯科ブラシ、どっちがどういうものかわかりますか?

 

デンタルフロスとは糸の掃除道具です。

歯間ブラシとは針金にブラシがついたものです。

では、フロスと歯間ブラシどちらを使えばいいのか?となります。

結論から伝えますと、両方とも使用するべきだと思います。

なぜなら汚れを取るポイントが違うからです。

 

デンタルフロスは歯と歯の接触点や、隙間の小さな所に向いています。

一方で歯間ブラシは歯間の根元に三角形の隙間のある方、歯ぐきが後退気味の方、ブリッジをしている方に向いています


更に歯間ブラシにはサイズがあります。

使用する歯間の広さに合わせて選びます。

歯と歯の隙間にスッと抵抗なく入れられるサイズが適正なサイズになります。

 

広い隙間に細い歯間ブラシを使用すると、歯垢を十分に落とす事ができません。

逆に狭い隙間に大きすぎる歯間ブラシを使用すると歯茎が下がってしまう原因になります。

 

適正なサイズを選ぶ為にも担当の衛生士からの指導を受けて下さい

 

 

 

トップへ戻る